只今ニュージーランドは国会も火山活動も活発化!

話題

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

昨夜のニュージーランド国会議事堂Beehive(ビーハイブ:蜂の巣状の建物から付いた愛称です)のあたりは、注目の的でした。

安楽死の合法化をめぐって、初めて進んだ第2ステージにおける、議論・投票が行われたためです。

ビーハイブ

*ちなみに、ビーハイブは首都ウェリントンにあり、内部を見学したい方には、無料見学ツアーがありますよ♪

 

安楽死の合法化へ一歩前進

何かとお騒がせの女性議員として知られているジュディス・コリンズは、涙声で自分の父親の死期を語り、少なからず反対側にいた議員の心を揺さぶった模様が、ニュースで繰り返し流れていました。

そして、第2ステージを通過してしまいました!

詳しいニュースはこちら↓↓

Euthanasia bill passes second reading
End of Life Choice Bill passed after debate in which many MPs shared emotional stories.

 

今回の議員投票は、政党に縛られない形のものだったため、議員各々のホンネが反映されたものと取れます。

まだまだ複雑な手続きが山積みで、合法化までは長い道のりですが、国全体が非常にデリケートな議論に着手したという点で、関係団体も概ねホッとしたことでしょう。

ただ、『耐え難い苦痛を抱える』という項は安楽死条項から除かれ、余命半年を切っていることが必須となる見通しです。

そして今日は、国会内の再編成が行われる予定です。

 

国会といえば、日本でも先日の三原じゅん子議員の答弁は、白熱してましたね〜

気持ちいいぐらいの歯切れのよさ!

老齢議員の中に、ドカンと大砲を落として爆発させてくれた感じ(笑)

民主党のダメダメさを、こっぴどく語ってくれていましたね。

 

ロトルアの住宅の庭に突如、泥温泉出没!

爆発がらみでは...

そうそう、ニュージーランドでは只今、地球規模の爆発が進行中!!

一昨日、北島のロトルアでは、日付が変わった午前2時過ぎ、地震で起こされた住民が朝、再び目を覚ますと、何と家の庭に突如として、白い煙と泥を跳ね上げ、ポッカリと泥温泉ができてしまったんです!

詳しいニュースはこちら↓↓

'I've got to get out of here': Rotorua mud pool alarms local residents
The violent mud pool erupted in a residential backyard.

 

家に住む女性によると、夜中に3分も続く長い揺れを感じたそうですよ。

ところが朝、キッチンの窓から庭を見渡すと、そこには泥を跳ね上げ、煙立ち上る、まるで天然の地熱活動拠点が ヮ(゚д゚)ォ!

身の危険が迫る前に、子どもたちを連れて、近所の父親の家に避難したそうです。

専門家の話では、地熱活動は活発化しており、収束に数週間かかるか、はたまた大規模化するか、今の所は見守るしか手は無い様子。

このまま続けば、庭のすぐそばに立つ物置きはおろか、家の基礎も蒸気でやられてしまうかも知れません。

ロトルアは、言わずと知れたニュージーランドの温泉地。

今後、新たな観光名所になるかも知れませんよ♪

 

ベイ・オブ・プレンティの島も噴火間近

先日、良質なニュージーランド産アボカドが育つ島でご紹介したモティティ島。

この他にも、ベイ・オブ・プレンティ地方には、まだまだ小さな島があります。

その1つ、ホワイト島が今まさに火山活動を活発化させています。

過去にも、火山活動で鉱夫が11人も亡くなっている活火山島です。

いつも白い煙を上げているのでホワイト島...なるほど!

詳しい火山活動のニュースはこちら↓↓

Volcanic alert level for Whakaari/White Island raised
GNS Science have boosted the alert level due to an

 

現在の硫黄濃度は、この6年で最高地に達しているそうです。

日本もニュージーランドも火山国。

何だか、日本の九州地方、桜島あたりの状況と似ていると思いませんか?

では、また明日!

オークランドの人気&おすすめホテル☆ クライストチャーチの人気&おすすめホテル☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました