ニュージーランド生活お助け量販店比較

生活情報

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

今日の話題は、物価の高めなニュージーランド生活の力強い味方、使える量販店の徹底比較です!

特に、ニュージーランドにやって来て、生活を始めたばかりの人にとっては、アレもコレも揃えなければと、何かと物入りだと思います。

そこで、メーカーやブランドにこだわらず、『生活に使える』をコンセプトにお話して行きますね。

 

庶民の味方、The Warehouse

ニュージーランドに少しでも暮らしたことがある方なら、大概の方はご存知のThe Warehouse

全国各地に出店している、れっきとしたニュージーランド企業で、Warehouses Stationaryの店舗も合わせると、かなりの数!

安かろう悪かろうのイメージもありますが、要は使い方♪

しかも、生鮮食品を除く(牛乳は売っています)、大概のものが取り揃えられているので、メーカーにこだわりが無ければ、十分な品揃えでいつ行っても飽きません。

私がニュージーランドに来た10年前の当時と比べると、品質も店内の製品管理も格段に良くなっています!

例えば、Warehouseのプライベート・ブランドの家電も最近のものは、そうとう運が悪くない限り、2〜3年はしっかり機能してくれる上、デザインも優秀で良質安価♫

しかも、仮にすぐ壊れても新品交換してくれます。

あっ、でもレシートはちゃんと保管しておきましょうね(笑)

実は今年始めに、ヘアドライヤーが急に動かなくなってしまったんですよ💧

オーストラリアのRemingtonというメーカー品だったんですが、3年足らずでウンともスンとも言わなくなってしまい、お払い箱😢

しかも、後ろ側の通気口の隙間がけっこう大きくて、たまに髪の毛を巻き込まれてヒヤ!っとしたこともあるので、同じメーカーは避けたい気持ちが...

家電量販店を2件見に行ったんですが、Remington製がやたら多くて、手頃価格のものは私の壊れたヘアドライヤーとそっくり。

3年ぐらいじゃ、モデルチェンジしないんですかね?

しかもご多忙にもれず中国製。

そこで、どうせまた直ぐに壊れるなら、今回はWarehouseの安いヤツでいいや!ということで、物色しに出かけました。

すると、ありました!

真っ白でコロンとした、実にシンプルなデザインのドライヤーがたったの15NZドル(*_*)

ヘアドライヤー

LEMINGTON製のヘアドライヤーの半額以下ですよ!

白地に書かれたロゴは『Living &Co』。

コレ、ここ数年で増えつつある、Warehouseの家電プライベート・ブランド。

知っている人が見れば、もちろん「あっ、Warehouse製品だ!」と見られかねません。

でも、使ってみると実に快適で、後ろ側の通気口も小さな丸い孔が空いているだけなので、安全面でもRemington製品より良い感じ❤

ヘアドライヤーなんて、急いで出かけたい時に無いと、濡れ髪での外出となり困りますが、動けばいいやって思っています。

日本みたいに、ナノセンサーとかマイナスイオンなど、付加価値の付いたヘアドライヤーなんてあるの?とか、あっても高すぎてニュージーランドでは買うはずないので...

Warehouseのヘアドライヤー、私が自身を持ってオススメします!(笑)

あと、Warehouseにはオールブラックスの公式グッズが売られているんですよ!

オールブラックスのベビー服とか、マグカップその他、小物もおみやげ探しにもってこい♫

その他、ナイキやプーマのスニーカーなどの並行輸入品を売っている時があり、一概に安物ばかりの取扱いではないんですよ。

化粧品・トイレタリーコーナーも充実しています。

ただ、Warehouseブランドで売っている靴だけは『安物買いの銭失い』のケースが多いのでオススメ出来ませんね...

なにせ、靴底が薄いし1ヶ月でかかとがすり減ります!!

 

安いのにオシャレな商品が多いK-mart

さて、ここまでだいぶWarehouseを持ち上げてきました。

でも、実は私のイチオシはK-mart😍

そして、ありそうであまり近くになかったりするK-mart。

もとはアメリカ発祥の量販店ですが、オーストラリア資本が国内で成功後、ニュージーランドに進出。

手頃で、好感の持てる品揃えの量販店として知られています。

しかも昨日、K-martの24時間営業店舗がオークランドに誕生するよ!というニュースが入ってきましたよ。↓↓

403 Error

 

日本では、24時間営業のコンビニなどが営業時間の短縮の動きを見せる昨今、何だか皮肉ですよね!?

k-martは今現在でも、夜中12時まで開店しているので十分便利なんですが、シフト勤務の人々や、様々な家族形態により対応出来るように、今後24時間営業の店舗を増やしていこうという方針だそうです。

24時間営業店は8月15日開店予定で、場所はオークランドのシルビアパーク。

先日、ニュージーランド初店舗がオープンしたSephoraの2号店も、今年中にここでオープンするそうなので、注目スポットで間違いなし!

関連記事↓↓

SephoraがオークランドにNZ1号店をオープン!

k-martの商品取り扱いは、Warehouseよりはぐんと少ないですが、品質もさる事ながら、デザインの良い品物が多くて気に入っています。

私のお気に入りは、オーストラリア製の化粧水ミストとボディスクラブ。

K-martコスメ

やっぱり、安い基礎化粧品などは中国製が多い中、オーストラリア製品はお値打ちだと思いますよ。

化粧水ミストはたった5NZドルで長持ちするし、顔にスプレーする度にゼラニウムの良い香りに癒やされます〜

ボディスクラブはフルボトルなのに、オーストラリア製で確か3NZドルぐらいでした。

手に取ると、ベリー系の香りが充満してリラックスにもってこいですよ!

 

まとめ

The WarehouseとK-martは、やはりいいとこ取りしながら生活に取り入れることで、ずいぶんニュージーランド生活を賢く節約出来るので、使わない手はないと思いますよ❤

どちらもオンラインショップがあり、たとえ車を持っていなくても配送サービスがあるので、大型商品の購入も心配しなくて大丈夫です。

ニュージーランドにはIKEAもありますが、オークランドにしか出店していませんので、商品を直接見てから決めたい時には不便です。

しかも、地方配送は料金がかさむので、オークランド以外の方にはあまり実用的ではありません。

それに比べると、今日ご紹介したThe Warehouseとk-martはもっと身近にあるお店なので、よっぽど使えますよ〜

では皆さん、良い週末を!

オークランドの人気&おすすめホテル☆ クライストチャーチの人気&おすすめホテル☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました