ニュージーランドの無料通訳システム

通訳 生活情報

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

寒いです〜

ニュージーランドに寒気が入って来ています ❄

日本はすでに暖かいんでしょうね〜

冬はやはり風邪をひいたり、インフルエンザにかかりやすくなる時期。

医療機関に行きたくなることもありますよね。

でも、外国に住んでいると不安なのが言葉の問題。

今日は、そんな外国人にうれしい、ニュージーランドの通訳サービス『ランゲージ・ライン』をご紹介します。

ランゲージ・ラインのホームページはこちら(英語)↓↓

Language Line - telephone interpreting service has permanently closed | Office of Ethnic Communities

 

無料で利用できるNZ政府のサービス

ランゲージ・ラインは、うれしいことに、利用無料なんですよ❤

ニュージーランド内務省管轄の、エスニック コミュニティーズオフィスによって運営されているためです。

つまり、政府の一機関という位置づけになります。

例えば、私達のような外国人がニュージーランド生活の中で、公共サービスや医療機関などを利用したい、あるいは利用しているけれども、英語が難しくて理解出来ない時ってありますよね!?

そんな時、自分の利用しているサービスがランゲージ・ラインに加盟していれば、「Japanese Language Line, please」と言うだけで、電話通訳サービスをアレンジしれくれます。

3者通話で会話を進めていくイメージです。

加盟サービスのリストのページはこちら(英語)↓↓

https://www.ethniccommunities.govt.nz/language-line/participating-agencies/

どんな時に便利?

一昔前と比べても、加盟サービス機関の数は更に増えてきているようなので、現在ではお役所関係や公立病院のほぼ全てで利用可能です。

また、一部のGP(診療所)で独自に加盟している所もあるので、GP選びの際の目安になりますね。

ランゲージ・ラインではなんと、44ヶ国語の通訳が可能なんですよ!

想像してみて下さい。

ただでさえ具合が悪いのに、言葉が分からなくて、医師や看護師に言っていることが理解出来ない状況!

小さなお子さんに付き添う親御さんや、お年を召した方で、救急車で病院に運ばれてきた!なんてケースもあるかも知れません。

そんな時、英語に自信がなかったら、遠慮なく申し出ましょう。

きっと、病院の患者さん向け掲示板近くで、ランゲージ・ラインのポスターやパンフレットを見つけられると思います。

ニュージーランドは本当に人種のるつぼなので、スムーズで的確な医療を提供するためにも、こうしたサービスがあるんですね。

これは、患者さんにも医療現場のスタッフにとっても、メリットが大きいからです。

利用可能な時間は以下のとおりです。

月曜日〜金曜日:9時〜18時

土曜日:9時〜14時

民間の有料医療通訳サービスもあるようですが、まずはランゲージ・ラインで事足りることも多いはずですので。

この他、ニュージーランドで公共のサービスを受ける場合、状況によっては対面式の通訳をつけてくれる場合もあるので、是非確認してみて下さい。

事前予約が必要ですが、日本語でしたら、問題なく見つけてもらえると思いますよ♪

お役に立てたら幸いです。

では、また明日!

 

オークランドの人気&おすすめホテル☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました