NZでも未滅菌の医療器具が使われて世間をお騒がせ

医療器具 心配事

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

ニュージーランドは、今日から暦のうえでも冬入りです☃

ここ数日、日本の春一番のような激しい風に、時折雨も混じる悪天候に閉口しています 🙁

山沿いの各地では、スキー場開きも行われました。

私はと言うと、昨日はシーツ交換と共に電気毛布をベッドに忍ばせて、本格的な冬入り準備をしました♪

布団から出たくない病になりそう...

 

さて、今日のお話はですね。

数日前に、ちょっと気になる日本の病院がらみのニュースを2つも目にしたんですよ。

ニュース記事はこちら↓↓

医療器具の消毒液、2年間交換せず 静岡がんセンター:朝日新聞デジタル
 静岡県立静岡がんセンター(長泉町下長窪)は27日、院内で使用している鼻やのど用のファイバースコープの消毒液を2016年7月29日~18年7月25日の約2年間、交換していなかった、と発表した。消毒不良…
器具滅菌せず7人手術 さいたま赤十字、1人感染症に | 共同通信
さいたま赤十字病院(さいたま市)で昨年10月、患者7人の手術で誤って滅菌していない器具を使い、うち1...

 

『なぜ気になるか』と言うと、もちろん医療を受ける側としての不安が1つ。

そしてもう1つは、実はニュージーランドでも今年に入って、さいたま赤十字病院のケースとよく似た出来事が発覚していたため。

国内では、トップニュースで取り上げられる事態になっていたんですよ(ヮ(゚д゚)ォ!)

詳しいニュースはこちら↓↓

Steriliser that cleans surgical equipment in Hawke's Bay Hospital was never turned on, review finds
A raft of human and systems errors saw inadequately sterilised surgical equipment used on patients in Hawke's Bay.

個人的にも業界に詳しいことから、これはお話しておかなければと思いまして。

では、話を進めて行きましょう!

 

医療器具は再生しまくり!?

皆さんの中には、今までに大なり小なり、手術を受けたことがある方もいらっしゃると思います。

医療器具は当然のことながら、滅菌あるいは部位や器材によっては、適切に消毒したものが用いられます。

もし、それらの器具に病原菌が付着したまま使われたら、術部から感染症を起こし、患者さんは最悪死に至ります。

これは動物でも同じで、ペットを扱う動物病院でも、医療器具の滅菌消毒は欠かせません。

通常、再生可能な医療器具は、高品質のステンレススチール製が大半です。

たとえば、手術用の様々なハサミや鉗子、開創器などですね。

ステンレススチール製の器具は強度や熱耐性も高いことから、しっかりと有機物を洗浄除去後、次の利用に合わせて機能チェックをしながら、ケースに詰め合わせたり、滅菌用パウチに袋詰めして封をします。

そして、再生過程の最終段階として、オートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌器にて料理(笑)され、クールダウンし、完全に乾燥した状態で保管されます。

そして、また患者さんの元へと、この流れを幾度となく繰り返している訳です。

ちなみに、静岡県立がんセンターの耳鼻科用ファイバスコープについては、耐熱性が無く、デリケートな機材のため、低温のまま化学的に滅菌するか、高度消毒が行われます。

その消毒液が2年も交換されずにいたとは...

 

ディスポーザブルは限定的

ここで、あれ? ディスポーザブルのもの使っていればそんな事しなくてもいいのに...

と思った方はするどい!

確かに、全てが使い捨てであったら、前の患者さんに使った医療器具が再生処理されて、次の患者さんにたどり着くということはなくなります。

ただし、医療器具って、メチャメチャ馬鹿高いんですよ!

小さなピンセット1つがウン万円とか、複雑な構造の物やセットだと直ぐにウン十万円、合計すると百万円単位の額なんてザラです。

さすがに現代の医療では、注射器と注射針は使い捨てが当たり前。

でも例えば、大きなガラス製の特別用途用の注射器は、未だに再生しているんですよ。

結局、再生利用することで医療費を抑制している部分が大きいのです。

それから、膨れ上がる医療廃棄物の問題もありますしね。

 

日本の医療器具滅菌は委託業務が主流

以前から、医療器具の滅菌消毒作業を担う病院中央材料部(略して中材)のスタッフは、よく新聞の折り込み求人広告などで募集されてきました。

つまり管理職を除いて、その多くがパートタイマーで時給制の一時雇用。

病院には無くてはならない部署なのですが、いわゆるキツい・汚い・危険と思われる職種です。

日本の公立病院の中には、自前の職員で運営している中材もまだまだある様です。

一方、私立病院の場合は、中材自体は手術部やその近くにありますが、その多くが専門業者によって運営委託されている昨今。

マニュアル化されていて、いわばトレーニングさえ受ければ、大学生でも働けるわけです。

でも、取り扱う物は医療器具であって、人体に使われる高度管理物です。

食品管理と比べても、はるかに厳しい基準で管理されるべき業務です。

そんな所で、今回の滅菌業務ミスが起きた訳ですね。

滅菌自体は、複雑なコンピューターシステムで制御された機械の中で行われます。

でも、その操作や精度管理を行うのはもちろんヒト。

ヒトが関与する以上、ミスをゼロには出来ませんよね。

だから、万全な複数段階チェックが必須なのですが...

 

ニュージーランドの病院中材は奴隷

冒頭で触れた、ニュージーランドの公立ホークスベイ病院で起きた滅菌業務ミスも、2か月に及ぶ調査結果によると、夜間スタッフのオートクレーブ・スイッチ入れ忘れ。

しかも、このスイッチ自体にも問題があったことが発覚。

入りの悪くなったスイッチを、数カ月も未修理のまま、使い続けていたことを病院は認めています。

更には、接続されているプリンターも故障中で、コンピューター画面上でしか滅菌工程をチェック出来ない状態だったそうです。

そして、翌日現れてオートクレーブから医療器具を取り出したのは、滅菌技術をしっかりとトレーニングされたわではないスタッフ、恐らく看護師。

滅菌工程チェックが抜け落ち、医療器具は滅菌されたものと見なされて、次の利用者の元へ。

日本で起こったミスと、非常に良く似ていると思います。

ニュージーランドの病院中材は、まだ業務委託は一般的ではありません。

ですので、直接雇用されたスタッフが殆どで、表向きはトレーニングの機会も得やすいと言えます。

ところが、中材は病院医療スタッフからの文句のはけ口とはなっても、給与スケールも低く、決して優遇されている部署ではありません。

どちらの病院のケースも、これ以外にも、実際に現場のオペ看護師がケースや滅菌パウチの封を切るギリギリまで、確認のチャンスはあったハズなのですが...

それぞれの器具やセットには、ケミカル・インディケーターと言って、滅菌処理を通ると色が変わるコードが付いていて、開封使用前にその色と包装の状態をチェックすることは、オペ看護師を含む、現場医療スタッフの責任です。

まとめ

日本の2つの病院の滅菌・消毒業務ミスと、ニュージーランドの公立病院の滅菌業務ミス。

どちらにも、以下の共通点があるようです。

  • スタッフのトレーニング不足
  • 夜間・早朝のスタッフ体制
  • 財政難に帰するメンテナンス不備
  • 管理者の現場危機管理・認識不足
  • 起こって直ちに発覚しない現場体質

ホークスベイ病院の滅菌ミス発覚後、ニュージーランド全ての、20に及ぶ地域保健機関管轄の病院の調査もなされました。

詳しいニュースはこちら↓↓

Patients exposed to unsterilised equipment in SDHB surgeries
Up to eight patients could have been exposed to unsterilised equipment during operations at facilities run by three of the country's district...

そして残念ながら、複数の病院で問題点が見つかりました。

中には、未滅菌の医療器具を使われた恐れのあるケースが、更に明るみに!

ここまでお読み下さった皆さん、お疲れ様でした。

そして、お読み下さってありがとうございます。

ずいぶんと書いてしまいましたが、患者さん側からしたら、『知らされなければわからない』ではいけないと思いまして。

では、また明日!

 

オークランドの人気&おすすめホテル☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました