2019年7月1日に導入されたIVL(観光税)と10月1日から始まるNZeTAを調べて見た

話題

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

ニュージーランドではこの7月1日に、いくつか新しい法律が施行されました

その中には、イミグレーション(入国管理)にかかわるものがあり、外国からニュージーランドへ旅行やワーホリ・留学を考えている方にとっても、大きな関心事だと思います。

いくつかの留学情報サイトや観光情報サイトが、去年あたりからIVL(International  Visitor Conservation and Tourism Levy:観光税)とNZeTA(New Zealand Electric Travel Authority)の導入について触れてました。

なので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、IVLがまだ始まったばかりで、「イマイチよく分からん」という方も多いのでは?

しかも、2019年10月1日までに入国する場合、どちらも支払う必要なしなんて書いているサイトもあったり。

「法案が通って、IVLは7月1日からって言ってるじゃん...」と、私自身も疑問を持ちました。

そこで今日、直接ニュージーランドの移民局ホームページにアクセスしてみましたので、現状をご報告しますね。

 

日本語公式サイトがない!?

残念ながら、ニュージーランド移民局のホームページは全て英語。

久々にアクセスしたので、ずいぶんレイアウトが変わっていました(笑)

英語初級の方、特にニュージーランドに行ってから英語を勉強しようと考えている方には、英語だらけの公式サイトを使いこなすのは、けっこうハードルが高そうですね。

そこで他にも、もっと日本人に分かりやすいサイトはないかな?と...

ニュージーランド政府関連のニュージーランド・ツーリズムのホームページが日本語版だったので、覗いてみました。

すると、『入国に際して』というタイトルで説明が始まるかと思いきや、

以下のリンク先は全て外部の英語サイトです。日本語で概要を知りたい場合は、ニュージーランド大使館の日本語サイト日本語サイトを参照してください。

とあり、あとは英語のニュージーランド移民局(Immigration New Zealand)のリンクが貼ってあるのみ。

そこで、在日本ニュージーランド大使館の日本語サイトに行ってみると、今度は申請・お問い合わせはニュージーランドビザ申請センターへ。

今度こそと、ステップ1ビザを調べるをクリックしてみると、

各種ビザについてはImmigration New Zealandのウェブサイトをご覧ください。

う〜ん、たらい回しってヤツですか(;´д`)

唯一見つけたのが、スクロールダウンして下の方に出ていた

重要ニュージーランドのビザ料金に関わる料金改定のお知らせ

そこの詳細をクリックすると、ようやく少し説明がありました。

以下はそのページへのリンクです↓↓

New Zealand Visa Information - Japan - Japanese - 最新情報とお知らせ
VFS Global はニュージーランド移民局に代わりビザ申請センターを運営しております。

 

IVLとNZeTAの開始時期に3ヶ月の違いがあるのでややっこしいですよね。

でもIVLは、基本はNZeTAを含むビザ申請時に判断され、必要とされる場合は同時徴収となるので、ビザ申請・取得のタイムフレームを加味すると、10月近くになればもう少しわかりやすくなることを期待するとして...

ただ、間違いなくIVLの徴収は始まっているので、該当国籍者で永住権・長期滞在ビザを持たない人(つまりツーリスト、ワーホリ、一部の学生ビザ・就労ビザで入国する人)は、ビザ取得過程、あるいは入国段階までに35NZドル請求があると思っておきましょう。

但し、1度支払えば2年間は再度支払う必要はありません。

ビザ取得に関するアドバイスは、資格を持つイミグレーションアドバイザーしか行ってはいけないので、

詳しくは英語移民局ホームページをご覧下さい(笑)

 

移民局ホームページはまだ申請画面準備中

実際、ニュージーランド移民局のホームページに行ってみました。

トップページに、NZeTAに関するお知らせがすぐありました。

NZeTA1

赤丸印のところをクリックすると

 

NZeTA2

ご覧の通り、サイト内のNZeTAリクエストフォームはまだ準備中でした(7月中旬よりとありますね)。

「ここから登録しておけば、フォームが利用可能になった時にお知らせしますよ」

とあるので、さらに赤丸印(Register)をクリックすると

 

NZeTA3

続き

NZeTA4

つまり、こちらに必要事項を入力してSubmit(送信)しておけば、「リクエストフォームが使えるようになりましたよ」と連絡してくれるそうです。

よく読むと、「でなければ、7月下旬にまた来てね」とありますね!?

さっき中旬って言ってたでしょ??

まぁ、そこがニュージーランドです(笑)

ちょっとまだ、準備が間に合っていないようですね。

近々渡航予定の方は、旅行会社や航空会社によく確認して、それでも疑問が晴れない時は、やはり直接ニュージーランド移民局に問い合わせましょう。

このブログでも、新しい情報が入りましたら、順次お知らせして行きますね。

では、また明日!

オークランドの人気&おすすめホテル☆ クライストチャーチの人気&おすすめホテル☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました