NZ新年、オールブラックスが2019ラグビーWCジャージーを発表!

話題

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

さて、7月になりましたね。

1年の前半が過ぎ去ってしまった...

ニュージーランドではマオリ新年、そして新しいファイナンシャル・イヤーが始まりました。

これから夏に向かって、日も徐々に長くなって行きますよ〜

って、まだ早すぎ?

今日は早朝から、『NEW』にまつわるニュース満載でしたので、ご紹介しますね。

 

オールブラックスがワールドカップ日本ジャージー発表

ラグビー王国ニュージーランドにとって、オールブラックスは国民の大きな関心事。

今年のワールドカップ・ジャパン開幕まで2ヶ月余りとなり、今朝早く、ついにオールブラックスの新チームジャージーが発表されました!

詳しいニュースはこちら↓↓

All Blacks incorporate fern, koru into newly-unveiled Rugby World Cup jersey
It's still black - but there's a subtle clash of cultures in the kit as the All Blacks look to defend their title.

 

オークランドにいる選手自らの紹介でしたよ。

クライストチャーチの銃乱射テロ事件後、自身がイスラム教徒であることから、涙ながらにコメントをしたオールブラックスの人気ミッドフィルダー、サニー・ウィリアムズは満面の笑み♪

新ジャージーを見せながら、デザインを説明して絶賛していました。

アディダス製で、色はもちろんブラック!

今回は、日本の著名デザイナーYohji Yamamotoを採用。

ちなみにこの方、すでに75歳だそうですよ。

日本とニュージーランドの伝統を融合させたデザインで、ファッション性とスポーツ機能性を見事に発揮した、自慢のユニホームとなりました❤

オールブラックス新ジャージー1

 

近くで見ると、ブラックの生地全体に、ニュージーランド固有の植物のデザインが織り込まれたような、エンボス加工が成されているようです。

右胸にはもちろんワールドカップ・ジャパンのオフィシャルロゴ。

左胸にはオールブラックスのシルバーフェアンロゴ。

そして右袖には金色のウェブ・エリスカップと共に、過去3回の優勝年がプリントされています。

オールブラックス新ジャージー2

 

前回のジャージーより25パーセントも軽い素材でできているそうで...

ジャパンテクノロジーでしょうか?

近年、毎回軽量化がなされ、どこまで軽くなるんだ??と素朴な疑問を投げかけるアナウンサーも...(笑)

カッコいいですよ〜

記念に私もレプリカを手に入れるつもりです♪♪

 

新たな法律スタート

お次は、あまり嬉しくない増税ニュースなどをご紹介します。

政府機関の新年度スタートに伴い、たくさんの新法が今日から施行されます。

詳しいニュースはこちら↓↓

New Zealand's massive day of change: What you need to know
Here's what you need to know about how today's law changes will affect you.

 

ここでは、主な4点に焦点を当ててみました。

 

使い捨てプラスチック袋・の配布・販売禁止法

以前このブログでも、スーパーのレジ袋についてのお話でこの法律に触れましたが、お読み頂けましたか?

6ヶ月の暫定期間を経て、今日からは違反すれば、最悪10万NZドルの罰則が下ります。

毎日新聞の日本語ニュースを見つけました↓↓

ページが見つかりません - 毎日新聞

 

我が家にも、スーパーマーケットで仕方なく買ってしまった、不織布製のバッグが増えつつあります...(笑)

大手スーパーマーケットCountdownは、大きな茶色の持ち手付き紙袋を20セントで売り始めましたよ。

不織布製のバッグは、1ドル〜が一般的なので、お財布には優しいですが、耐久性はどうかな〜??

茶色の手提げ紙袋

 

ニュージーランドには、プラスチックをリサイクリングして、新たなパッケージを製造できる会社がたった1社しかないんだそうです...

これでは使用を止めるしかないようですね。

 

ガソリン税増税

これは困った...というご家庭も多いはず。

1リットル当たり3NZセントの増税ですよ!

すでにガソリン価格の半分以上を、税金が占めている計算になるそうです。

政府は、ガソリン税をインフラ整備と交通安全に使うとしていますが、市民はオカンムリ。

だって、家計を圧迫する一大事ですよ〜。

中小企業のオーナーさん達も、「払えないよ...」と傷心気味。

 

借家の天井・床の断熱材設置義務化

こちらは、益々増える借家市民にとって嬉しい、というか、待ってましたよ!という法律。

寒くて湿っぽい借家が多すぎるニュージーランドですからね。

違反が発覚すれば、借り主が大家さんに4,000NZドル請求出来るようになります。

う〜ん、天井や床下を剥がして証明する人いるんですかねぇ?

逆に住居破壊で、敷金持っていかれそうですが...

とにかく、現時点で間に合っていない大家さん達は、業者に手配に大慌てのようですよ!

 

ツーリスト税スタート

最後は、今後関わることになる方も多いツーリスト税の施行です。

今日からニュージーランド入国時、35NZドルが必要になってしまいました(悲)

オーストラリアと南太平洋諸国の一部の国籍保持者は、支払い義務がないそうです。

まぁ、ニュージーランドは観光立国なので、集まったお金をせいぜい有意義に使って頂いて、観光客の人々に還元して欲しいものですね。

今年中にETAビザも必要になるので、観光でニュージーランドにいらっしゃる方々には、ちょっと痛手。

旅行費を抑えたい方は、早めに旅行計画を立て、早期割引をゲットして下さいね。

以上、新しい出来事満載の1日でした。

では、また明日!

オークランドの人気&おすすめホテル☆ クライストチャーチの人気&おすすめホテル☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました