ニュージーランド航空が制服スタッフのタトゥー容認へ

タトゥー 話題

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

ニュージーランドには、タトゥーの文化があるのはご存知ですか?

なんと、ニュージーランドに住むマオリと、フィジーやサモアなどから来たパシフィック・アイランダーの人々の半数が、体のどこかしらにタトゥーを入れているそうですよ!

また、いわゆるヨーロッパ系子孫である、白人のニュージーランド人は、マオリ語で『パケハ』と呼ぶのですが、パケハもけっこうタトゥー好き❤

ニュージーランド全体では、5人に1人がタトゥーを入れているそうです。

日本とはタトゥー、つまり入れ墨に対するイメージがずいぶん違いますよね。

 

ニュージーランド航空のスタッフ・ポリシー変更へ

そんなニュージーランドで今日、賛否両論に分かれる調査を経て、ナショナル・キャリアであるニュージーランド航空が、長年保ってきた制服スタッフへのノー・タトゥー・ポリシーを変えることが決まりました!

下記は、昨日の段階でのニュージーランド航空のタトゥー・ポリシー関するニュースです↓↓

https://i.stuff.co.nz/business/industries/113287610/air-new-zealands-tattoo-policy-could-be-in-for-a-shake-up-as-airline-prepares-positive-announcement

 

こちらは今日、ニュージーランド航空が正式に、制服スタッフにタトゥーを容認する見解を出した後のニュースです↓↓

Air New Zealand to allow staff to show tattoos
Tattoo appropriateness will be judged like speech; no swearing, 'hateful comments' or lewd jokes.

 

ニュージーランド航空CEOのコメントによると、今までは他の国からの乗客が持つ価値観の違いなどを配慮し、タトゥーが利用客に攻撃的な負のイメージになることを避けてきたそうです。

一方で、この国のタトゥー文化は広く浸透しており、タトゥーを持ちながら、ニュージーランド航空に就職を希望する人々も少なからず存在します。

今までは、体のどこかしらにタトゥーがある場合、選考段階で必ず申告しなければならなかったそうです。

そして、たとえ制服の下に隠れそうな部位であっても、首から見えるとか、シャツから透けて見えるかもしれないという理由で、職を得られなかった人々は、大喜びです。

正式には、2019年9月1日よりポリシー変更となるそうです。

ひょっとしたら、ニュージーランド航空で人気のセーフティービデオにも、タトゥー入りのキャビンクルーが搭乗して面白い仕草をやらかしてくれるかも!?

今までにも、ロード・オブ・ザ・リングのバージョンなど話題になっていますからね♪

 

マオリのタトゥー『モコ』

マオリ語で、タトゥーのことを『Moko(モコ)』と呼びます。

『モコ』は、マオリの人々にとってはアイデンティティーの1つと言っても過言ではないでしょう。

『Iwi(部族)』によって様々な模様があり、自分の所属を表す大事な証となっているタトゥーもあります。

確かに民族的背景もあって、タトゥーを入れた人々がこんなに多い国なのに、ニュージーランドのナショナル・キャリアのキャビン・クルーが、1人もタトゥーを入れていない方が不自然だったのかも知れません。

ただ、『モコ』は顔に入れられたものもあり、こちらは腕や足のものと比べ物にならないぐらい、強烈な印象があります。

恐らく、始めて目にした方は、どうして良いのか...となるでしょう(笑)

ニュージーランド航空でも、今後受け入れるタトゥーは、あくまでマオリの伝統的な『モコ』やその他の非攻撃的な模様とし、ケースバイケースとなるようです。

正直、顔の『モコ』は赤ちゃんなんか泣き叫びそうですし、慣れていない人には怖い印象を与える可能性ありでしょう。

ニュージーランド航空、今後が見物です!

 

ニュージーランド〜日本路線はいかに?

今回のニュース記事を読んでいて、面白かったのは、ニュージーランド国内の人々が書き込んだコメントです。

コメントの中には、恐らく日本に行ったことがあるからであろう、「日本の入れ墨タブー文化についての配慮はどうなってるんだ!」とか、「ちゃんと日本人にも調査したのか??」といったコメントがたくさんありました。

ニュージーランド航空の日本路線に、タトゥーだらけのキャビン・アテンダントが乗り合わせるとどうなるか、興味津々♫

日本自体も、今年のラグビーワールドカップや来年の東京オリンピックに向けて、銭湯や温泉での入れ墨をどう扱うかが議論されてきていますよね。

国際的に、入れ墨が差別を招くとなると、将来に向けて日本も変わって行く必要があるかもしれませんね。

では、また明日!

 

オークランドの人気&おすすめホテル☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました