海外生活が長くなると恋しくなる物

お風呂 生活情報

KiaOra!今日もお越し頂きありがとうございます。

今日は最低気温がいよいよ1桁台突入で、寒い一日になりそうです...

海外で生活していると、時々『やっぱり日本人には○○でしょ!』と欲しくなる物が出てきますね〜

今日はそんなお話です。

よろしくお付き合い下さい❤

やっぱり日本人にはお風呂

ニュージーランドは人種のるつぼであることは間違いないのですが、その生活様式は概ね欧米諸国と同じです。

そんな環境で、私もご多忙に漏れず経験したのが、バスタブのない生活。

これですねぇ〜、家を借りる時は家賃がまず目にチラつくので、バスタブ欲しいけど...

まぁ、あってもそんなに使わないだろうし、お風呂場以外はまあまあだし...

といった妥協の結果、契約。

そして後々、バスタブに恋心をいだき始め、後悔の念に打ちひしがれるんですよ〜

私が思うに、日本人にとって家探しで一番難しいのは、家賃とバスタブ有無の兼ね合いというか、心の踏ん切り。

他の部分、例えば暖房器具取り付けや蛇口、カーテン、カーペットなどの交換は、大家さんとの交渉次第で自己負担となったとしても、解決は比較的容易です。

ところが、バスタブの設置となると...

お分かりですよね、そもそもシャワーブースしか確保出来ない狭い浴室は無理ですし、新たに設置するなんて、ハードルが高過ぎます。

だからといって、日本の様に銭湯があるわけ無いし...

無いならどうするか?

私はニュージランドに来て、自分の家にシャワーしかない生活を3年半ほどした経験があります。

不動産バブルがいまだ続くニュージランドで、家を買うのも借りるのも、本当に高いです(涙)。

そこは街の中心に建つアパートで、内部は狭いながら、とても良く手入れされていて、キレイで気に入っていました。

ただ、唯一無いのがバスタブでした...

逆に、バスタブのある物件を一般人が予算内で見つけるのは、けっこう難しい国です。

そこで色んなことを思いつき、ネットやチラシや店舗で調べましたよ!

1)子供用の小さな折り畳み式プール

これは、ほぼ買う寸前まで行きました。

最悪、足湯だけでもと...

それから、楽天とアマゾンでこんな物も見つけて、真剣に検討しましたよ↓↓

★[海外][送料無料]お風呂の浴槽 エアー浴槽 簡易浴槽 バスタブ[中型サイズ]大人用 プール ビニールプール 家庭用 キャンプや旅行に最適 収納 人気 便利 防災 半身浴 介護

価格:11,999円
(2019/5/17 14:57時点)

 

Amazon.co.jp: 折畳み浴槽 ビニール製 ダブルサイズ 大人用 65*70cm: ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: 折畳み浴槽 ビニール製 ダブルサイズ 大人用 65*70cm: ホーム&キッチン

耐久性が問題かな?

2)お風呂が恋しくなった時、我慢し過ぎず日本に一時帰国

働いていると、あまり現実的ではないし、お金も休みも必要なわけで...

3)旅行ついでにバスタブ付きのホテルに宿泊

これは何度かやりました。

しかも、日本製の入浴剤持ち込みで(笑)!!

でも、シャワーだけのスタンダードルームよりも割高(T_T)。

4)バスタブ付きの家に引っ越す

これが一番、根本的な解決策ですよね。

ハイ、私もやりました。

その代わり、ロケーションと家の古さ、家賃の高さを犠牲にしました(涙)。

でも引っ越して良かったと断言できます!

いつでも思い立った時に、湯船に使って疲労回復出来るって最高ですね〜

私の隠れたお楽しみ

実はもう1つ、使える情報を教えちゃいます!

※小さな田舎町にお住まいの方には難しいと思うので、ご了承下さい。

もし、あなたがバスタブが恋しくてたまらず、ニュージランドで銭湯なんて無いのは分かっているし...

とあきらめムードになっていたら、ぜひ町(カウンシル)の公営プールを調べてみて下さい。

そこには、登録しなくても使えるサウナやジャクジーバスがあるかも知れませんよ!

予約制のところもありますが、たいてい一般開放していて、ア・ラ・カルト方式で1メニュー5ドル程と、銭湯感覚で使えます。

あっ、ただ『水着着用』ですので、あしからず(笑)。

では、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました