ニュージーランド政府、ようやくマスクの有効性を支持!

生活情報

Kia Ora! 今日もお越し頂きありがとうございます。

熱〜い日本の夏をお過ごしの皆様、バテていませんか??

マスク😷着用、大変でしょう…

そして、その他の地域からご覧下さっている皆様、コロナとの共存生活にお疲れでは??

ここニュージーランドでは、このところほぼ毎日のように、海外からの帰国者1~2名が水際検疫でコロナ陽性と検出されていて、国内感染者数はだいたい25名程度で前後しています。

ただ幸い、Community Transmission (市中感染)は起きていないとされています。

なので、前回のブログでもお伝えした通り、日常生活はほぼ制限無く過ごすことが出来ています。

強いて言えば、国境は未だに閉じたままなので、よほどの事情でない限り海外旅行✈️が出来ません🤣

 

ニュージーランド政府、ようやくマスク支持へ

そんな私達の生活の中、昨日になって突然アナウンスされた政府の方針転換!!!

とうとう、と言うか今頃になって突然(笑)、マスクの有効性をニュージーランド保健省が提言したんですよ😷😷😷

詳しいニュース記事はこちら↓↓

Error 403

現時点では国内感染者が少数で、いずれも政府主導の隔離施設内に留まっていることから、今すぐマスクを着用しなさい!!というものではありませんのでご安心を😉

 

翌日にはドラックストアのマスク在庫切れ続出!

ところが、政府が「万が一に備えて各家庭でマスクの常備を」とおふれを出したものですから、みんな慌てたのでしょうかね?笑

1日たった今日のニュースでは、もう一部店舗でのマスク売り切れがニュースになっていますよ🙄

Mask orders boom after New Zealanders told to be ready, but Brownlee queries timing
Mask manufacturers are receiving massive orders after the government says people will be encouraged to wear them if the country returns to alert level 2.

そして、ふだんはアパレル中心の企業やニュージーランド・ウール企業までも、マスク製造に乗り出したりと。。。

 

隣国オーストラリアに感染拡大が脅威に!?

これには、おそらくお隣りオーストラリアの感染拡大が収まらなくなってきていることが、大いに関係ありそうです。

当初は、オーストラリアも感染拡大阻止の優等生として、近い将来トランス・タスマン路線(つまりオーストラリアとニュージーランド間)の解禁で、ニュージーランドとの経済活動再開が期待されていました。

それが今では棚上げ状態となり、ニュージーランドは何としても、隣国オーストラリアからの感染者入国阻止に力を入れずには参りません😌

だからこそ、もし現在の最も低い警戒レベル1 ➡ 2に引き上げられた時に備えましょう!ということのようですね。

 

せっせとマスク作りしていて正解😊

コロナ前のニュージーランドでは、店頭でマスク販売を見たことはありませんでした。

日本で言う薬局やドラッグストアでは、カウンター内に置いていたのかもしれませんが…

ロックダウン開始も早かったことから、私は日本から持参の使い捨てマスクの在庫15枚程を大事に取っておき、趣味の手芸を生かして家で暇さえあれば、マスクの手作りを楽しんでいました😁

キッチンペーパーとテープで簡単に作れるマスクから、手持ちのミシンを駆使して小池都知事風のオシャレな(?)布マスクまで、色々作ってみました。

その数ざっと20枚ぐらいでしょうか?

ニュージーランドと同様、マスク文化に抵抗感の強かったイギリスの旧友にも、ロックダウン明けに送ってあげました。

そしたら、付けていると周りの人達から「どこで手に入れたの???」と聞かれるそうで、すごく喜ばれました🤗

ニュージーランドでは、布地や手芸小物が高いのが悩みですが…

ちなみに、日本の手芸用品大手のクロバー製品も売っていますよ。

そうそう、2週間ぐらい前にニュージーランドのダイソーに行ったら、「大人用の使い捨てマスクはカウンターにてお一人様ひとつまで」と注意書きがありましたが、売っていました。

子供用のミッキーマウス柄マスク5枚入りは、陳列棚に普通に並んでいましたよ。

 

以上、今日はニュージーランドに突然のマスク需要についてお伝えしました。

ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました